RSS | ATOM | SEARCH
高感度撮影した場合のノイズ軽減の方法
 こんにちは、原繁です。
高感度撮影時に現れる画像の「ざらつき」についての話です。新しいデジタルカメラが出るたびに、この「ざらつき」ノイズが軽減されています。これには本当に驚愕なんです。でも、新しいデジタルカメラを買えない人はどうするんでしょうか? 今回はこの「ざらつき」ノイズ軽減方法の話です。私のデジタルカメラはキヤノンなので、DPP(でじたるふぉとぷろふぇっしょなる)ソフトの中にあるノイズリダクション(NR)を使用したり、PhotoShop CS6のCamera Rawのディテールのノイズ軽減を使用するしか方法がありません。でも使った事がある人はご存知な事ですが、この両者のノイズ軽減は、軽減を強めると画像のシャープネスが弱くなるという現象が起こってしまいます。私には、ノイズ軽減すればするほど、画像がボケてくるとしか思えません。やっぱり、新しいデジタルカメラを買うしか、ノイズを軽減できないと思っています。


author:, category:写真, 16:50
comments(1), -
Comment
確かにデジタルカメラが時代と共に、感度が上がっても、ざらつかなくなっているのは驚異的ですねえ。しかも画像そのものも大きくなっているから、小さく使う分には、さらにざらつきが目立たなくなるという利点付きです。
商売柄、このあたりの差は、Photoshopのアンシャープマスクをきつめにかけてみると一目瞭然ですねえ。
axera, 2013/05/30 10:51 PM