RSS | ATOM | SEARCH
我が師、土門拳さんの撮影話を藤森武さんが書いていました
こんにちは、原繁です。
アサヒカメラで連載記事の話。
我が師、土門拳さんの撮影話を藤森武さんが書いていました。
私、原繁は、撮影現場には、カメラ以外に、ガムテープ、ドライバー、カッター、ピンなどの工具を持参しています。土門さんはノコギリを持参していたそうです。この物騒なノコギリは何に使うかといえば、「カメラのアングル内に写りこんだ、邪魔な枝を切るためです」このノコギリを「アブ」という隠語で言っていたそうです。今も昔も許せることではないのですが、、、、、。ある時、撮影後に「アブを使った現場に」行ったら、枯れていたこともあったそうです。ある時、小学生の一団に「アブ」しているのを見られてしまい、「大人がそんなことしてはいけないんだ、いけないんだ」と囃し立てられたことも書いてありました。少しアングルを変えれば済むことなのに、決めたアングルをこだわった信念は「鬼」ですね。


author:harasuru, category:写真, 19:19
comments(0), -
Comment