RSS | ATOM | SEARCH
ホワイトバランスの白色蛍光灯の使い方
こんにちは、原繁です。
ホワイトバランスの白色蛍光灯の使い方を考えてみました。
蛍光灯には、大雑把に、昼光色(約6500k)、昼白色(約5000k)、白色(約4000k)の3つがあります。
今のデジタルカメラのホワイトバランスは、白色蛍光灯(4000k)の1個しかありません。
蛍光灯の光を利用していない場面でも、この4000K(ケルビン)が使えます。
太陽光(5200k)の下でホワイトバランス設定を、白色蛍光灯(4000k)にして使えば、すこし青みがかった写真に仕上がります。
このすこし青みがかることが撮影ポイントです。皆さんやってみてください。この青みは素敵ですよ。



author:harasuru, category:写真, 22:35
comments(0), -
Comment