RSS | ATOM | SEARCH
4K Photoで、写真の撮り方が変わる。
こんにちは、原繁です。
一辺が4000ピクセルだから、「4K」というそうです。2020年の東京オリンピックまでに「8K」にバージョンアップしている。
たぶん。多分。今回の話は、撮り方が変わるということです。写真には連写があるが、1秒間に8枚ぐらいしか撮れません。動画機能をつかったら、最低でも24枚撮れます。一挙に3倍以上の「静止画」が撮れて、「シャッターチャンス」が生まれます。そして、予期せぬ瞬間が得られるこがあります。ここで問題になることは、撮影後に、「大量の静止画」から良いカットを選ぶ「選択眼」があるか? ということです。シャッタースピードは、被写体ブレを防止するため、高速シャッターを使います。この高速シャッターは、動画には向いていないから、静止画だけです。動画として使ってはいけません。絶対に。ダメ。だめ。



author:harasuru, category:写真, 12:19
comments(0), -
Comment