RSS | ATOM | SEARCH
報道写真がウソをつく?
こんにちは、原繁です。
Days Japan 2015/9号で掲載されていた話題について。
見出しは「報道写真がウソをつく?」
2015年世界報道写真コンテストで、応募した写真が大量に失格になった件でした。
報道と名のつく写真は、
やらせ(演出)、消去する、大げさに見せる、トリミングをして意図的に隠す、2枚の写真から場面を切り取り合成する、昼なのに夜の写真にするなどは、絶対にしてはいけない行為だということです。アメリカの新聞社のカメラマンが、山火事の取材中に、消防士に「膝をついて欲しい」、「自分の頭越しに放水して欲しい」こんなことで、契約を切られたと書いてありました。私はそのぐらいは許される行為だと思っています。しかし、どこかで、厳しく線引きをしないと、「報道」写真が真実だと、読者に伝わらないのかな〜? と考えています。報道写真は、今、難しい立場にあることは確かですね。



author:harasuru, category:写真, 09:39
comments(0), -
Comment